学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント案内 DX時代の人材育成を考える
【オンラインセミナー】

DX時代の人材育成を考える

無料


●DXについて人材育成と絡めて考えたい人
●自社のDXに必要な人材イメージを具体化したい
●DXを推進するための人材育成について、何から取り組めばよいか考えるヒントを欲しい


DXとは、「企業が、データとデジタル技術を活用して、競争上の優位性を確立すること」である。
(経済産業省資料より、要約)
 
いまやほとんどの企業でDXの必要性がさけばれています。みなさんの会社でも目に見える活動がすでに始まっているかもしれません。
とはいっても、人材育成担当の方からは、「DXを進めるための人材育成って、どう考えればよいか悩んでいる」という声もよく伺います。
 ・そもそもDXについて定まった解釈が共有できていない
 ・自社に必要なDXが手触りをもって腹落ちしていない
 ・「デジタル人材」にどういうスキル・マインドが必要か整理できていない
 ・いったい何から手を付けるべきか迷っている
こうしたお悩みは、規模や業界に限らず伺います。
 
・DXとはそもそもどういうことか?
・企業にとって、ビジネスにとって、社員にとって、そしてユーザーにとってどのような変化が起こりそうなのか?
・5年後、自社のDXが進んだときに活躍している「デジタル人材」はどのようなスキル・マインド・経験を持っているのか?
・目指す人材像から逆算して、今取り組める人材育成の一歩目はなにか?
 
当セミナーでは、こんなお悩みを解決するヒントをお伝えし、皆様と一緒に考えていきます。


■ファシリテーター:向井 和範氏
         株式会社かんき出版 教育事業部 HRソリューショングループ シニアコンサルタント
 
かんき出版教育事業部ではこれまで20年にわたりビジネススキル研修を企業に展開してまいりました。
時代に応じて求められるスキルの変化はありますが、ここ5年ほどは、最新のAIやテクノロジーをキャッチアップしたい、仕事に応用させたい、といったDX関連のお問合せが顕著に増えています。
こうしたご相談の変化にあわせ、弊社でも「デジタル人材育成」に強みのあるパートナー講師を増やして企業様に研修・講座をご提供してまいりました。
人材育成の観点から、かんき出版教育事業部だからこそみえてきた、DX時代の人材育成の変化と対応していくコツについてお伝えいたします!


1.DXって、改めてなんだっけ?
2.自社にとってのDXを考える
3.DX実現に必要な人材、スキル、マインドセットとは?
4.質疑応答
※セミナー内容は一部変更になる可能性がございますので、ご了承ください。


 
当セミナーはZoom利用によるオンライン形式です。
・当選者には、別途メールにて招待のURLをお送りします。
 適宜、アプリをインストールしていただければ、
 お持ちのPC、スマートフォン、タブレット等からどなたでもご参加いただけます。
・セキュリティ上、入室時にお名前の照合を行います。
 お名前を申込時と同じフルネーム(漢字またはカナ)へ表示変更のうえご参加ください。
 
 
本セミナーは、人事・部門教育ご担当者様向けとなっております。
※研修会社及び自己啓発目的による個人の方の参加はご遠慮願います。
※応募者多数を見込んでいるため抽選とさせていただきます。
(申込受領後3営業日以内に当選結果のご案内をいたします)

締め切りました

セミナー内容

  • 【オンラインセミナー】
    DX時代の人材育成を考える
    締切
    無料
    NEW
    セミナーコード
    開催日時 2021年10月26日(火)13:30~15:00
    会場 【オンラインのため来場無し】
    対象者 人事・部門教育ご担当者様向け
    ※研修会社及び自己啓発目的による個人の方の参加はご遠慮願います。
    受講料 無料
    講師 向井和範
    所属 株式会社かんき出版 教育事業部
    HRソリューショングループ シニアコンサルタント
    定員 80名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
    受付期間 〜2021年10月23日(土)まで
    お問い合わせ 株式会社かんき出版 教育事業部 【セミナー事務局】
    電話:03-3262-8014
    eメール:doujou@kanki-pub.co.jp

講師プロフィール

向井和範 (むかいかずのり)

株式会社かんき出版 教育事業部
HRソリューショングループ シニアコンサルタント

大学卒業後、採用コンサルティング会社に入社。業界や規模を問わず企業の採用課題に対して企画立案、コンサルティング、プロジェクトマネジメントを行うことからキャリアをスタートさせる。幅広いビジネスモデルや、そこで活躍するビジネスパーソンに出会う一方、学生のキャリア教育に対して問題意識を持ち、在職中に通信制大学に編入して教育学を学び直す。

2011年、高校の国語科教員に転職。教科指導に加えて担任業務、進路指導を通じて生徒のキャリア支援を行う。また、休部状態だった複数の部活動を再開させ、ソフトテニス部では生徒が全国大会出場を果たす。

学校や教科という枠を超えて「学ぶ」と「働く」に携わるため現職へ転身。現在は一部上場企業を中心に、ビジネス上の競争優位性確保を目指した人材育成の企画、実行支援に注力。特に個々人のエンゲージメント向上、組織風土改革の分野で、既存のやり方にこだわらない新たな発想で企業の支援をしている。

<得意領域>
リーダーシップ開発/DX人材育成/イノベーション創発/エンゲージメント向上施策/組織風土改革(D&I推進ほか)

締め切りました
facebook
pagetop