学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント案内 『男性育休義務化に向けて人事が考えるべきこととは?』
【オンライン/人事・D&I担当者限定トークイベント】

『男性育休義務化に向けて人事が考えるべきこととは?』

無料

2022年4月から段階的に施行される育児・介護休業法。これにより、男性育休の義務化が開始しますが、貴社では対策が進んでいますか?対策しないとどうなってしまうのか?本テーマのスペシャリスト達と、課題の本質を考えます。
 

●育児・介護休業法の法改定に伴い、人事としてどのような対策をすればいいか不安がある
●そもそも男性育休の義務化がよくわからない
●加速化するダイバーシティ経営に向けてさらに何をすべきかを考えたい


男性育休の義務化とは?
今年6月に可決・成立した育児・介護休業法。男性の育児休業取得促進を目的とし、「男性版産休」制度が新設されました。2022年4月から、企業が対象の従業員に個別に周知し取得を促すよう義務付けが施行されます。
 
あなたの会社では難なく対応できますか?
・男性社員が「2週間後から1か月間育休を取りたい」と言ってきても、業務が円滑にまわる体制を組んでいますか?
・女性活躍推進が進んでいなくて、男女で業務内容のレベルを変えていませんか?
・男性が育休取得と言い出しづらい環境ではありませんか?
・妊娠が分かった時点で報告してほしいけれども、それが言える職場風土ですか?
 
男性育休の取り組みを推進しない企業のマイナスポイント
・女性活躍や働き方改革が推進しない
・パタハラが発生する
・ブランドイメージが悪化する
・採用活動に影響する
・法律違反は公表される可能性がある
 
当トークイベントでは、男性育休女性活躍推進社内規定・法律スペシャリストが登壇。それぞれの専門分野から男性育休の人事施策についてセッションします。

講師名 プロフィール・講師からひとこと
塚越 学氏

株式会社東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部 チーフコンサルタント/NPO法人ファザーリング・ジャパン(FJ)理事
 
ワークライフバランスの体現者である佐々木常夫特別顧問の下で、企業・労組・自治体などに対し、講演・ワークショップ・コンサルティングを行う。FJでは男性の育休促進事業「さんきゅーパパプロジェクト」リーダーとして男性の育休取得に立ちはだかる個人、職場、風土の壁を打破すべく活動中。男性育休促進法案の成立の件で、国に働きかけをしていたメンバーの一人。
 
「女性活躍とイクメンとイクボスは3点セット。男性育休を働き方改革の起爆剤にして多様な人材が活躍できる職場に変革していきましょう。」

山口 理栄氏

青山学院大学 社会情報学研究科 プロジェクト教授
育休後コンサルタント®
 
育休後コンサルタント®として法人向けに育休復帰社員、およびその上司向けの研修を開始。個人向けには育休後カフェ®を主宰し、全国及びオンラインで随時開催中。2017年より育休後アドバイザー養成講座を開始。
 
「男性の育休取得推進は、父親となった男性社員のためだけでなく、育児中の女性社員へのポジティブなメッセージにすることが可能です。育児中の社員へのサポートは、男女を別々にせずに、取り組んでいきましょう。」
新田 香織氏
社会保険労務士法人グラース 代表/特定社会保険労務士
 
誰もがイキイキと働ける職場作りに寄与するため、多様な働き方が可能な制度や運用、職場の意識醸成を社労士の立場から提案・啓発している。
自治体主催の研修、企業内セミナー、執筆の他、公共機関との連携による両立支援コンサルティング、顧問先の社会保険手続き・労務管理を行う。
 
「制度を利用する人もしない人も法改正の趣旨と内容を理解し、ハラスメントのない組織にしていきましょう。」

 

1.今回の育児・介護休業法、改正の背景
2.男性育休が企業にどのような影響を与えるのか
3.小手先対策しかしない企業の危機(煽る)
4.法改正に伴い社内規定・ルールはどう変える?社員への周知は?
5.質疑応答
※一部変更になる可能性がございます。


 
当セミナーはZoom利用によるオンライン形式です。
・当選者には、別途メールにて招待のURLをお送りします。
 適宜、アプリをインストールしていただければ、
 お持ちのPC、スマートフォン、タブレット等からどなたでもご参加いただけます。
・セキュリティ上、入室時にお名前の照合を行います。
 お名前を申込時と同じフルネーム(漢字またはカナ)へ表示変更のうえご参加ください。
 

※研修会社及び自己啓発目的による個人の方の参加はご遠慮願います。
※応募者多数を見込んでいるため抽選とさせていただきます。
(申込受領後3営業日以内に当選結果のご案内をいたします)

セミナー内容

  • 【オンライン/人事・D&I担当者限定トークイベント】
    『男性育休義務化に向けて人事が考えるべきこととは?』
    受付中
    無料
    NEW
    セミナーコード
    開催日時 2021年9月30日(木)12:00~13:00
    会場 【オンラインのため来場無し】
    対象者 人事・部門教育ご担当者様向け
    ※研修会社及び自己啓発目的による個人の方の参加はご遠慮願います。
    受講料 無料
    講師 塚越 学/山口理栄/新田香織
    所属
    定員 200名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
    受付期間 〜2021年9月27日(月)まで
    お問い合わせ 株式会社かんき出版 教育事業部 【セミナー事務局】
    電話:03-3262-8014
    eメール:doujou@kanki-pub.co.jp

講師プロフィール

塚越 学/山口理栄/新田香織 (つかごしまなぶ/やまぐちりえ/にったかおり)

塚越 学
株式会社東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部 シニアコンサルタント
NPO法人ファザーリング・ジャパン理事

公認会計士として監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)に勤務し、多種多様な会社の監査業務に携わる一方、Deloitteの講師スキルプログラムをクリアし、人材育成セミナー講師を担当。2008年長男時に育児休業を取得。ダイバーシティやワークライフバランス系プロジェクトに所属し社内イベントや情報発信などを行う。
ワークライフバランスの体現者である佐々木常夫特別顧問の下で、企業・労組・自治体などに対し、講演・ワークショップ・コンサルティングを行う。佐々木常夫著書ベストセラー「働く君に贈る25の言葉」をテキストとした実践講座「佐々木常夫塾」を企画し、プログラム構築、講師を担当。数多くのダイバーシティやワークライフマネジメントプログラムを企画・運営している。
また、長男の誕生を契機にNPO法人ファザーリングジャパン会員として、父親の育児・夫婦のパートナーシップなどのセミナー講師やイベント企画等を自治体、労組、企業などに対して行う。
男性の育休促進事業「さんきゅーパパプロジェクト」リーダーとして男性の育休取得に立ちはだかる個人、職場、風土の壁を打破すべく活動中。
2012年より同法人の理事に就任。
イクボスプロジェクトのコアメンバーとして管理職改革のセミナー講師やコンサルティングを行う。
第一子で1か月間、第二子で1か月間、第三子で8か月間の育児休業を取得。

------------------------------------
山口理栄
青山学院大学 社会情報学研究科 プロジェクト教授
育休後コンサルタント®

1984年総合電機メーカー入社。ソフトウェア開発部署にて大型コンピュータのソフトウェアプロダクトの開発、設計、製品企画などに従事。2度育休を取り、部長職まで務める。
2006年から2年間、社内の女性活躍推進プロジェクトのリーダーに就任。

2010年より育休後コンサルタントとして法人向けに育休復帰社員、およびその上司向けの研修を開始。
個人向けには育休後カフェ®を主宰し、全国及びオンラインで随時開催中。
2017年より育休後アドバイザー養成講座を開始。
同年、育休後カフェを開催するための人材として、育休後カフェ・ファシリテーターの育成を開始。

2021年より株式会社山口企画代表取締役。
2021年7月より現職。

------------------------------------

新田香織
多様な働き方コンサルタント
社会保険労務士法人グラース 代表
特定社会保険労務士/キャリアコンサルティング技能士2級

厚生労働省東京労働局雇用均等室非常勤職員(次世代法担当)(2006-2011年)
厚生労働省委託 育休復帰プランナー(2014、2015年度)
厚生労働省「特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度普及事業」検討会委員(2020、2021年度)
厚生労働省「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル作成事業」検討会委員(2021年度)

誰もがイキイキと働ける職場作りに寄与するため、多様な働き方が可能な制度や運用、職場の意識醸成を社労士の立場から提案・啓発している。
自治体主催の研修、企業内セミナー、執筆の他、公共機関との連携による両立支援コンサルティング、顧問先の社会保険手続き・労務管理を行う。

facebook
pagetop