学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】数字をベースに仕事を語れるデジタル人材育成「データ分析・超入門講座」 無料体験セミナー
2022.07.12

【実施報告】数字をベースに仕事を語れるデジタル人材育成「データ分析・超入門講座」 無料体験セミナー

深沢真太郎氏
ビジネス数学教育家/BMコンサルティング株式会社 代表取締役

7月12日(火)に「ビジネス数学」の第一人者・深沢真太郎氏にご登壇いただき、「数字をベースに仕事を語れるデジタル人材育成『データ分析・超入門講座』」の無料体験セミナーを開催しました。DX、AI、ファクトフルネス…、データや数字をベースにして仕事をすることが常識になりました。このデジタル時代には、社内外にあふれているデータを活用して、課題を明らかにし、仮説を立て、問題を解決できるデジタル人材育成が不可欠です。当日は、数字で語れるビジネスパーソンを増やしDX化を底上げするヒントと、深沢真太郎氏の育成プログラムの一部をお伝えしました。セミナーの内容の一部をご紹介します。

DXの時代に、社内にあるデータをかき集めて、何かできないか?と課題を抱えている企業は多くいらっしゃいます。
「とりあえず分析してと言われても、どうしていいかわからない」
「データ分析は文系だからできません」
などと社内で聞いたことはありませんか?
 
プロスポーツでもデータ活用する時代です。データを使って、戦略を組み立て、試合をしています。私たちのビジネスでもデータの活用が求められています。理系・文系に関係なく、数字で語れるビジネスパーソンを増やしDX化を底上げするヒントをお伝えします。
 
まず、みなさんに質問です。データ活用人材の育成、なぜ(どんなところが)難しいと感じていますか?チャットにご記入ください。
「何のデータを取っていいかわからない」「全員がデータの使い方に慣れていない」「そもそもデータが分散しており一元管理されていない」「定性的なデータが多い」「知識に差があって理解が難しい」「データを自分の都合で見るので、見方に違いが生じる」「分析方法の知識がない」「何から手を付けていいのかわからない」「統計や分析について詳しい人が元々あまりいない」「やりたいことのイメージがない」などの回答がありました。
 
当研修の目的は、
・従業員の「動作」を変える
・問題解決するために正しいデータ活用の「手順」を身につける
の2点です。
「そもそもデータ分析とは何をすることか?」「データ分析は『データを触る前』が9割」「データを料理する技術」「総合演習・事後課題」のうち、前半の部分を中心に講義を行います。

仕事の「型」は、問題提起→構造化→仮説構築→データ分析→課題発見→実践→解決の順序で行われますが、そもそもデータ分析とは何でしょう。「とりあえずデータを触る症候群」の人が多いですが、それはやめましょう。
料理をする際に何を作るのか決める前に、下ごしらえを始めることはないと思います。データ活用も料理と同様です。
 ①何を作りたいの?→必要な素材を扱う
 ②何をしたいの?→必要なデータを扱う
を事前に考えた上で、データを触り始めましょう。解決したい問題が はっきりしているからデータ分析はできるのです。
 
多くの方が問題提起をしたあとに、課題が見つかった気分になり、実行してしまいます。うまく仕事をしている人は、構造化・仮説構築・データ分析を行った上で、課題を見つけていきます。このステップのうち「構造化」が肝になります。ツリー上に分けていくことで、わかりやすくなります。
 
研修では、「問題提起→構造化→仮説構築→データ分析→課題発見」の5つで物事を考えることを伝えています。全員でこの「型」を共有することで、思考も同じ「型」になり、正しいデータ活用ができるよう人が育ちます。みなさんの会社でも、「型」を示す、数会話をさせることを組織全体で行い、デジタル人材育成に取り組んでください。

ご参加者の声

・データに弱い方ばかりで、データに関する取扱いを知らないことが多いのでためになりました。
・作業者の意識を変えてもすぐ戻ってしまうので、動作を変える研修(問題解決するために正しいデータ活用の「手順」を身につけること)が必要だと理解した。
・構造化の重要性が理解できた。
・「数会話」を組織に広めていきたい。
・「とりあえずデータを触る症候群 」「従業員の動作を変える」。データ分析の考え方が学べ、苦手意識を持っている社員も型を使うことで取り組めると感じた。
・問題提起のあとに、課題発見・実践の流れで進めてしまっていることが多いことに気づきました。
・深沢講師の話がとても聞きやすくイメージもわきました。質問にも丁寧に答えてください勉強になりました。まずは型を使い仕事を進めます。
・業務にデータ分析が必要だと理解する土壌をどのように整えるかが課題です。
・そもそもデータ分析とは、課題解決をする為の手法である事を、改めて認識する事ができました。
・行動ができるように指導するということを特に最近は全ての研修の重要ポイントとして掲げていますので、セミナーで講師がおっしゃっていた「動作」と「手順」というポイントは共感できました。
・データ分析と聞くと難しく堅苦しいイメージがありましたが、全くそんなことはなく聞くことができました。私自身もデータ分析が苦手なタイプですが、「型」があることでやりやすさを感じましたし、基本的なデータ分析法を学んでみようと思うことも出来ました。
・「仕事の型に沿うこと」「構造化」「数値は比較と分解」が印象に残りました。

講師プロフィール

深沢真太郎 (ふかさわしんたろう)

ビジネス数学教育家
BMコンサルティング株式会社 代表取締役

数学的なビジネスパーソンを育成する「ビジネス数学」を提唱し、述べ1万人以上を指導してきた教育の第一人者。
日本大学大学院総合基礎科学研究科修了。理学修士(数学)。
予備校講師から外資系企業の管理職などを経てビジネス研修講師として独立。
大手企業をはじめプロ野球球団やトップアスリートの教育研修を手がける傍ら、SMBC、三菱UFJ、みずほ、早稲田大学、産業能率大学などと提携し講座に登壇。さらに指導者育成を目的とし「ビジネス数学インストラクター制度」をプロデュース。数字や論理思考に強いビジネスパーソンの育成に務める。テレビ番組の監修やラジオ番組のニュースコメンテーター、ビジネス誌の記事監修などメディア出演も多数。著作は国内外で30冊以上。実用書のほか作家として小説も発表しており、多くのビジネスパーソンに読まれている。

<主な著書>
『徹底的に数字で考える』(フォレスト出版)『数学的思考トレーニング』(PHPビジネス新書)
『数学的に考える力をつける本』(三笠書房) 『わけるとつなぐ 〜これ以上シンプルにできない論理思考の講義〜』(ダイヤモンド社)など多数


・一般社団法人日本ビジネス数学協会 代表理事
・国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者
・国内唯一のビジネス数学エグゼクティブインストラクター

★ビジネス数学.com 〜深沢真太郎オフィシャルウェブサイト〜
数学的思考の基本と活用法
数字で伝える・説得する技術
データを使わない『分析力』講座
すぐに実践!データ分析・超入門
短時間で説明する技術
【eラーニング】数字に強いロジカルパーソン育成プログラム
【eラーニング】入社1年目からの数字力強化プログラム
【eラーニング】管理職1年目からの数値化マネジメント

close
pagetop