学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】「無意識の囚われ」に気づき、自己認知を高め、チーム成果をあげる「アンコンシャス・バイアス」デモセミナー
2017.07.12

【実施報告】「無意識の囚われ」に気づき、自己認知を高め、
チーム成果をあげる「アンコンシャス・バイアス」デモセミナー

守屋智敬氏
株式会社モリヤコンサルティング 代表
一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所 代表理事

先日は、『シンプルだけれど重要なリーダーの仕事』の著者である守屋智敬さんによる「アンコンシャス・バイアス」デモセミナーを開催しました。

「第一印象で人を判断してしまった」
「男性のほうが車の運転がうまい」
「あの人は、意外なところがある」
「残業して仕事をするのは当たり前」
・・・などと思ったことはありませんか?

これらはすべて「無意識の囚われ=アンコンシャス・バイアス」によって起きています。

「無意識の囚われ」によって、
 ・良かれと思ってやったことが、裏目に出てしまう
 ・無意識のうちに相手を偏見で捉えてしまい人間関係を悪化させ、パフォーマンスが低下する
 ・ネガティブな企業文化や組織風土をつくりあげてしまう
など知らず知らずのうちにチームに悪影響を与えてしまいます。

「無意識の囚われ(アンコンシャス・バイアス)」の存在に気がつき、自己認知を高め、成果を上げるチームに近づけるためのリーダー自ら意識と行動を変えることが大切です!

デモセミナーでは、日常にどのような「無意識の囚われ」があるのか、ペアワークを数多く実施し、気づきを深めていただきました。

ご参加者の声

・自分自身の“無意識の考え”を改めて知る事ができた
・マネジャー層への研修として、効果が期待できると感じた
・自己認知を深める大切さを認識しました
・体感しにくいダイバーシティの一環として分かりやすいと感じた
・“とっさの判断”がどのようなものかを意識するワークが盛り込まれていて参考になった

講師プロフィール

守屋智敬 (もりやともたか)

株式会社モリヤコンサルティング 代表取締役
一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所 代表理事

1970年大阪府生まれ。神戸大学大学院修士課程修了後、都市計画事務所、コンサルティング会社を経て、2015年、株式会社モリヤコンサルティングを設立。管理職や経営層を中心に8万人以上のリーダーを育成。
復興庁「新しい東北」先導モデル事業がきっかけとなりスタートした復興地東北ツアーは、現在も継続提供している。

2018年、ひとりひとりがイキイキする社会をめざし、一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所を設立。アンコンシャスバイアス研修の受講者はこれまでに5万人をこえ、プロ講師、社内講師、教員などをはじめ、育成した「認定トレーナー」は、現在100名をこえる。
アンコンシャスバイアスを知ることは、様々な社会課題の解決にも繋がるとの思いから、「がんと就労」「人権啓発」「被災地の皆さんへ」「小・中学生へ」等、様々な角度からお届けしている。

著書に『シンプルだけれど重要なリーダーの仕事』『「アンコンシャス・バイアス」マネジメント』(以上かんき出版) 、『導く力』(KADOKAWA刊)などがある。

株式会社モリヤコンサルティング
一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所
リーダーシップ研修~自分をみつめ、自ら動く
リーダーのためのアンコンシャス・バイアス
岩手県沿岸部で実施する再生・復興に挑む住民から学ぶリーダーシップ研修
守屋智敬氏インタビュー記事
【講師動画】リーダーシップ研修~自分をみつめ、自ら動く
【講師動画】アンコンシャス・バイアス

お問い合わせ
facebook
pagetop