学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】2017年度新人研修意識調査結果からみる新入社員を『自律型人材』として活かすための育成方法とは!
2017.07.21

【実施報告】2017年度新人研修意識調査結果からみる
新入社員を『自律型人材』として活かすための育成方法とは!

渡邉良文氏
株式会社ヒップスターゲート 代表取締役

先日は「これからの新入社員を『自律型人材』として活かすための育成方法」無料勉強会を開催しました。

ファシリテーターは、株式会社ヒップスターゲート代表取締役 渡邉 良文さん。

2017年度の新人研修意識調査結果をもとに、新入社員が考えていること、会社に期待していることを確認しながら、来年度入社の新入社員研修の対策をテーマに分けてお伝えしました。

新人研修の意識調査から
 ●会社の上司・先輩に求めること
  ⇒「仕事以外のことも話せる雰囲気」「マナーや仕事の進め方を教えてほしい」
 ●働く上で重要視していること
  ⇒「良好な人間関係」「仕事をこなせる能力を身につける」
などの調査結果が出ており、ヒップスターゲートでは、
2017年度の新入社員を『穴埋めドリル式思考』と名づけました。

真面目で協調性があるが、取組み態度や意欲に一過性があり、緊張感を保ったり、思考を深掘りすることが苦手な傾向があります。

ご参加いただいた方に自社における新入社員の強みと弱み、改善策をディスカッションしていただきました。

ご参加者の声

・現代の若者(新人)に対して、どの様に向き合い育成するか論理的に学べた
・新入社員の意識や傾向を知ることができて今後の研修の参考になった
・新入社員がすぐに辞めてしまうのを恐れ、お客様扱いしていたが、それが自律を妨げていたと思い知らされた

講師プロフィール

バックナンバー

お問い合わせ
facebook
pagetop