学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】コミュニケーションのカギは「記憶」にあった!部下の力を引き出す「聴き方」デモセミナー
2017.09.14

【実施報告】コミュニケーションのカギは「記憶」にあった!
部下の力を引き出す「聴き方」デモセミナー

宇都出雅巳氏
トレスペクト教育研究所 代表

コミュニケーションのカギは「記憶」にあった!「部下の力を引き出す聴き方」無料体験セミナーを実施しました。
講師は、トレスペクト教育研究所 代表の宇都出雅巳さん。弊社から出している書籍『記憶力が最強のビジネススキルである』の著者でもあります。「聴き方」「読み方(速読)」「リーダーシップ」「コミュニケーション」「チームビルディング」などの研修が人気です。

今回実施したデモセミナーは、次のようなお悩みを持つ職場のリーダーにおすすめの内容です。
 ●部下に伝えた指示・アドバイスがちゃんと伝わっていない
 ●部下の本音を理解できず、すれ違いが生じている
 ●部下とコミュニケーションがとれず、チームの雰囲気が良くない

そもそもリーダーは部下のことを“ヒト”としてみていますか?
“コマ”“モノ”としてみていませんか?

“ヒト”扱いしていないという意味ではありません。
会話をする際に「意識の矢印」が「自分の記憶」に向いていて、「相手の記憶」に向いて話を聞いていますか?

「記憶」とは、その人の過去の経験、行動、思考、見聞きしたことなどであり、その人の価値観です。

部下の「記憶」=「価値観」を聞くことで、部下の気持ちを引き出すことができます。

ご参加者の声

・”事柄”、”人”に焦点を当てることの大切さを学べました
・未来記憶の考え方、相手の話したいことを聞く。その2点が分かりました
・まず相手を承認して、相手との信頼関係を構築しているとより効果があると思いました。自分軸、相手軸を意識することが勉強になりました
・1on1を定着させるヒントになりそうです
・”意識の矢印”にとても興味を持ちました
・一方的なレクチャーではなく、ロープレがあったので、楽しくセッションに参加できました

講師プロフィール

バックナンバー

お問い合わせ
facebook
pagetop