学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】エンゲージメントを高める人材マネジメント
2021.09.03

【実施報告】エンゲージメントを高める人材マネジメント

稲増美佳子氏
株式会社HRインスティテュート 代表取締役会長

人材育成に関する課題を人材育成のプロであるHRインスティテュートのコンサルタントに直接相談し、課題解決策をお持ち帰りいただける無料集団相談会を実施しています。各回、テーマを設定しております。そのテーマに関する各社の課題に対し、コンサルタントとともに解決策を考えるセミナーです。
今回のテーマは、「エンゲージメントを高める人材マネジメント」。株式会社HRインスティテュートの稲増美佳子氏と弊社山縣がファシリテーターとなり、進行しました。Employee eXperience(EX=従業員体験)とEmployee Engagement(EE=従業員エンゲージメント)を相互に高めあうサイクル化が「エンゲージメントを高める人材マネジメント」のエンジンであることを講義で説明しました。セミナーの一部をご紹介します。

人と組織はご縁あって出会います。お互いが選び合うことで雇用関係となります。このご縁をお互いにとって最大限価値ある豊かなものにしていくことができれば、Win-Winな成長が生まれていきます。エンゲージメントの「HOW=どうやって高めるか」にいきがちですが、「What?なに/Why?なぜ/Who?誰が」についてまず考えていきます。

エンゲージメントは一(いち)方向ではなく、”相互に約束”し合うことです。従業員と会社がお互いに約束することで、従業員にだけに何かを求めるのではなく、会社・組織・経営側が大きく変わらないといけないのです。

現在は、これまでの“当たり前”が変化しています。昭和&平成前半の20世紀は、“俺の背中を見て学べ”という教え方で、同じ時間・空間で、膝を突き合わせながら働くことが当たり前でした。しかし、育児・介護の両立や、治療や副業など個人の生活との両立など、様々な事情を抱えて働く人が増え、働き方が多様化しました。さらにコロナでさらに激変しました。いかにチームで成果をあげるかが重要なポイントです。

最近の若手は、自分らしく生きたい、働き方を求める人が増えました。他者の反応に怯えたり羞恥心を感じることなく、自然体の自分をさらけ出すことのできる心理的安全性のある場づくりが求められています。心理的安全性が土台となりチームに好循環が起こると、チーム全体の生産性向上へと繋がります。

組織の目的と個人の進化目標が離れていると、企業目的と個人の進化目標の関係性は薄く、シナジーが生まれにくいです。これらが重なると、モチベーションも参画意識も高くなり、個人の進化目標の一部として企業の存在目的があり、Win-Winのの関係になります。自社のビジョンを理解し、共感し、実現したいという意欲で行動することが、個人の人生がよりゆたかで幸せなものになっていく、ということと重なりだすとエンゲージメントが上がっていきます。

1995年以降に生まれた若者たちはZ世代と呼ばれています。生まれ育った背景・環境が違うのですから、思い込みを持たずに相手を理解しようとしてみてください。「利便性より、地球持続性のためにお金を使う」「モノを手に入れるより、絆を強めるためにお金を使う」「消費するだけでなく、自ら創造する人になる」など、”ソーシャルよいこ”の傾向が強いといわれています。
また、マズローの欲求段階でいうと、欠乏動機ではなかなか動かないです。従業員満足は欠乏動機を満たすためにやっていましたが、若手はそれでは動きません。従業員エンゲージメントです。この会社にいることによって自分の成長が実感できない会社からは離れます。

エンゲージメントは相互だと話しましたが、従業員エンゲージメント(EE)を高めるためには、会社側からの従業員体験(EX)をより豊かに幸せなものにするということをしっかり約束しないといけません。エンゲージメントを上げるような、従業員を豊かで幸せにして、成長を約束するような体験を経営層や管理職は与えているのでしょうか。

会社は従業員の成長を約束し、本気で支援しているでしょうか。いかに人を「育て」、人を「輝かせ」、人の可能性を「挽き出す」か企業遺伝子レベルで考え、実践しているか振り返ってください。心のないコミュニケーションをしていませんか?なかなか成果が出ない仕組みのないマネジメントではないですか?日常業務に追われていて、刺激がないオペレーションになっていませんか?これでは未来は考えられません。
EXを高めるためには、現場での連帯感や仕事への誇りだけではなく、経営層や管理職からの働きかけ、そして評価制度・風土として従業員の成長を支援しようという仕組みがあるかどうか、が大切です。EX進化型の人をあきらめない組織を目指しましょう。

講師プロフィール

稲増美佳子 (いなますみかこ)

株式会社HRインスティテュート 代表取締役会長

1993年株式会社HRインスティテュートを共同創設。
現在代表取締役会長を務め、人財開発・組織開発に携わる。

富士通株式会社に技術職入社(SE)。総合商社向けシステム開発担当。
Thunderbird School of Global Management at Arizona State University
国際経営学修士号取得。


・大前研一学長率いるビジネスブレークスルー大学大学院経営学教授(2005年~現在)
・一般社団法人サンダーバードグローバル経営大学院教育財団評議員(2019年~)
・一般社団法人日本看取り士会認定看取り士(2017年~)、日本看取り学会会員
・株式会社ワコム 取締役(2021年7月~)


HRインスティテュートのビジネス書の主要執筆者。
「マザーテレサ日々のことば」(女子パウロ会)翻訳ほか著書多数。
国内外でボランティア活動実践。アジアに学校を17校建立。

http://www.hri-japan.co.jp/
グローバルリーダー育成プログラム
【講師動画】稲増美佳子氏~グローバル・マインドセット研修
稲増美佳子氏インタビュー記事

お問い合わせ
facebook
pagetop