学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】シニア社員のポテンシャルを引き出すために何が必要か?情報交換+事例紹介
2018.05.25

【実施報告】シニア社員のポテンシャルを引き出すために何が必要か?情報交換+導入企業人事担当者からの事例紹介

斧出吉隆氏
株式会社ヒューマン・エッジ 代表取締役社長

先日、人事・研修ご担当者をお招きして、「40代・50代シニア社員のポテンシャルを引き出すために何が必要か?」をテーマとした情報交換+導入企業人事担当者からの事例紹介セミナーを行いました。

第一部は、(株)ヒューマン・エッジ代表取締役社長の斧出吉隆さんから「シニア教育の重要性~シニアの活躍が企業の活性化を推進する~」の講話を実施。
第二部は、実際に斧出さんのシニアキャリア研修を導入されたアトムメディカル(株)人事総務部の渡邉純二様に「50代シニア教育実施に至った背景と事前準備&研修後の変化」をご紹介いただきました。

ご参加者の声

・シニア前のミドル層で、モチベーションが低い社員がいます。その社員たちに定年まで働いてもらうためのpテンシャルを導き出す…といった目的で考えたい
・シニアがポテンシャル高く仕事をすることができれば、会社に貢献できることも多いと思う
・社内的に現在は『教育は若い層から』となっているので、現在は導入は難しいが、今後検討していきたい
・実際に導入された企業の方の、実体験に基づくお話しは大変興味深く聴講させていただきました
・事例発表に共感できました

講師プロフィール

斧出吉隆 (おのでよしたか)

株式会社ヒューマン・エッジ 代表取締役社長

1980年にP&Gジャパン入社。マーケティング、営業を経験したあと、
1985年に採用マネジャーとして人事のキャリアを開始。その後、人材育成や組織開発を担当し、アジアパシフィックの代表として、P&Gが世界に誇る「High Performance Organization 」メソッド構築に参画。アジアにおける組織論の第一人者となる。
99年ユニバーサルスタジオジャパン、ジェネラルマネージャー、03年シンジェンタジャパン、 人事・広報部長、06年日本マクドナルド入社。執行役員人事本部長歴任。

現在は、グローバル人材育成コンサルタントとして、国内企業、外資系企業を中心に、日本人がグローバルで活躍できるよう支援するための、研修、講演、執筆活動を実施している。グローバル人材の育成については、自身の経験とグローバル企業で多く取り入れられている「人材育成プログラム」を、海外でも通用するグローバルビジネス・ベストプラクティスとして体系化し各企業に提供している。とりわけリーダーシップについては、欧米で広く取り入れられている「影響力によるリーダーシップ」研修のパイオニア的存在である。

http://www.humanedge.jp/
タイムマネジメント研修
プレゼンテーション研修
シニアキャリアデザイン研修
影響力で周囲を巻き込むリーダーシップ研修
部下育成 スキルアセスメントを使った効果的なOJT研修
効果的な会議の進め方とファシリテーションスキル研修
部下が成長する実践コーチング研修
クリティカル思考力研修
評価者のためのマネジメントスキル研修
【講師動画】斧出吉隆氏~『自己潜在能力発見』研修(シニアキャリア)

お問い合わせ
facebook
pagetop