学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】「レジリエンスを高め、ストレスに負けないタフな自分をつくる」体験セミナー
2018.07.12

【実施報告】「レジリエンスを高め、ストレスに負けないタフな自分をつくる」体験セミナー

小野寺敦子氏
心理学博士

小社刊『手にとるように発達心理学がわかる本』の著者でもある小野寺敦子氏の「レジリエンスを高め、ストレスに負けないタフな自分をつくる」のデモセミナーを行いました。
小野寺氏は、日常的なストレッサーにうまく対処し適応できる力「エゴ・レジリエンス」の実証的研究とその社会的な周知や啓発を図る活動を続けている心理学博士でもあります。

数年前から、日本でも「レジリエンス」が頻繁にメディアで取り上げられるようになりました。
どのような状況下でも、正面から向き合い、対処し、乗り越える力が求められています。

デモセミナーでは、エゴ・レジリエンスやポジティブ心理学の概要、現代型うつの特徴について説明。
さらに、実際に研修で実施するワークから「メゲるメカニズム」を考えました。
ご参加者もご満足いただけたご様子です。

ご参加者の声

・リーダー職対象に、部下にレジリエンス力を身につけさせる研修を企画したく参加しました
・エゴ・レジリエンスの理論がとてもよく理解できました
・次世代リーダー(若手)の育成に必要だと思いました
・めげない自分をつくり、部下にも伝えていきたい
・心のバランスを取る方法を具体的に理解できた

講師プロフィール

小野寺敦子 (おのでらあつこ)

東京都生まれ。1984年東京都立大学大学院博士課程修了。心理学専攻、心理学博士。現在、目白大学教授。専門は発達心理学、人格心理学。

日常的なストレッサーにうまく対処し適応できる力「エゴ・レジリエンス」の実証的研究とその社会的な周知や啓発を図る活動を続けている。

主な著書に、『手にとるように心理学がわかる本』(共著、かんき出版)『子どもの発達と父親の役割』(共著、ミネルヴァ書房)、『自己心理学2生涯発達心理学へのアプローチ』(共著、金子書房)、『親のメンタルヘルス』(共著、ぎょうせい)などがある。

エゴ・レジリエンス・ワークショップ
【講師動画】小野寺敦子氏~エゴ・レジリエンスセミナー

お問い合わせ
facebook
pagetop