学ぶ。みがく。変わる。
HOME セミナー・イベント開催レポート 【実施報告】部下に寄り添い、部下の成長を促す1on1の本質とは?!
2019.09.18

【実施報告】部下に寄り添い、部下の成長を促す1on1の本質とは?!

世古詞一氏
株式会社サーバントコーチ代表取締役
株式会社 VOYAGE GROUPフェロー

9月18日(水)に小社刊『シリコンバレー式 最強の育て方』の著者でもある世古詞一氏の「1on1研修」無料デモセミナーを行いました。当セミナーの内容の一部をご紹介します。

まずは、1on1の必要性。勤務時間抑制、飲みにケーションの減少、働く場所の変化により、上司と部下が接する機会が少なくなっています。さらには、若者世代とのモチベーションギャップ、個人事情の複雑化などで個々の価値観の差があるため、これまで以上に部下一人ひとりと定期的かつ高頻度でコミュニケーションを取る必要性が高まっています。

しかし、1on1導入を開始した・導入したい企業が増えているものの、なかなか思うように運用できないことが課題になっています。1on1が長続きしない理由は、「忙しい」「苦手意識」「上司自身が過去に1on1をされてこなかった」などが挙げられます。一方、1on1がうまくいっている企業の管理者は「問題解決の場より問題発見の場として活用している」「問題意識や価値観がすり合ってきて、言ったことが伝わりやすくなった」、部下は「定期的に話す機会があることで、何か伝えておくことはないかを普段から考えるようになった」と効果を感じているので、ぜひ導入してください。

次に、1on1で上司が行うことについて。1on1で一番大事なことは「実施後に部下のエネルギーが高まっていること」です。意識すべきことは、「部下のための時間であり、主役は部下である」「部下の行動と学習を促進する」「部下と上司の協同作業である」。部下に寄り添いながらも話の迷子にならな「意図した対話」をするための地図=「1on1実践マップ」を利用することをおすすめしています。

1on1で上司に必要なスキルは、共感力、観察力、傾聴力、承認力、質問力。それぞれのスキルを1on1の中でどう活用するのか、ワークを交えながら説明しました。

ご参加者からは
「当社も中長期視点で1on1の導入を検討していきたい」
「1on1の導入が決定しているので、定着を目指して研修を検討したい」
「既に1on1を導入していますが、今後充実させるために参考になった」
「1o1で部下に質問するワードがたくさんあり、参考になった」
「導入に必要な仕組みが分かりやすく学べた」
「相手(部下)のことを考える時間がそもそも大切ということや、1on1を「楽しく」行うということが参考になった」
「部下理解度チェックリストが現場で役立ちそう」
などご感想をいただきました。

世古さん、ご登壇ありがとうございました!

講師プロフィール

バックナンバー

お問い合わせ
facebook
pagetop