学ぶ。みがく。変わる。
HOME 講師コラム 若手社員の「向上心」に火をつける
2019.11.25

若手社員の「向上心」に火をつける

伊庭正康氏
株式会社らしさラボ 代表取締役

最近、「トップクラスでなくても、中クラスでいい」と考える若手は多いようです。
研修で若手社員に聞くと、「中の中~上」を目指している、との回答が多いのも事実。
最初は「時代のせいかな」とは思っていたのですが、どうもそこではないな、と感じるようになりました。

というのも、若手のほぼ全員が「上(トップ)」を狙いたいと言う会社もあるからです。
そもそも採用基準の違いなのか、とも思いましたが、どうもそうではないようです。
今回は、若手の向上心に火をつけるポイントを紹介します。

若手の向上心は「上司」で決まっている

「トップを目指さないとダメ」と説くものではなく、
「別にトップでなくてもイイ」と甘やかすことでもなく、
「トップになれるリアリティ」を持たせる。

これが、最近の私の論です。

全員がトップになりたいという会社の若手社員に聞くと、最初は「中」を狙っていたと言います。
つまり、最初は「上」を目指す人ではなかったわけです。
しかし、上司と会話する中で、「トップを狙いたい」「早くリーダーになりたい」と感じようになったそうです。

具体的には、彼らは上司と以下の会話をしていると言います。

・トップクラスになった時の世界を語る(上位クラスにしかわからない好循環がある)
・リーダーになった時の世界を語る(リーダーの醍醐味)
・そして、君ならやる気があれば、「いつ」までに「こうなれる」と語る

つまり、上司が「トップクラスしかしらない好循環」「リーダーの醍醐味」、
そして「君なら出来る」ということをしっかりと語ることで、
彼らも「そんな、可能性があるのか・・」と気付き、目指すことが出来るというわけです。

講師プロフィール

お問い合わせ
facebook
pagetop