学ぶ。みがく。変わる。
HOME 講師コラム 低空飛行でも、粘り強く諦めない心をもつ
2019.10.28

低空飛行でも、粘り強く諦めない心をもつ

鈴木雅幸氏
臨床カウンセラー養成塾 塾長/心理カウンセラー

目標を決め、それを達成しようと努力してもなかなか結果が出ない・・ってことないですか?

実はこれ、誰がやってもそうなるんです。
努力を始めると、私たちはどうしてもすぐに目に見えた結果が欲しくなります。
なぜなら、私たちは自分のやっていることに「意味」を感じたいからです。
自分のやっていることを「無駄だ」と思いたくないのです。
自分のやっていることが無駄だと思ってしまうと、私たちは途端にやる気を失います。
「どうせ頑張ったって、報われないさ」
「こんな苦労が何の意味があるんだ」
「こんな事やって、いったい何になるんだ」
こんな風な思いが頭をよぎってしまうと、私たちの中にある意欲が失われていきます。

逆に、自分がやっていることは意味があって、決して無駄ではない。
苦労はいつか、報われる。
そう思えることが、ある意味、モチベーションにもなります。

ところが、実際にやってみると、これがなかなか結果が出ないものです。
仕事にしても、習い事にしても、勉強でも、自分を向上させるということにしても、そうです。
目に見えた変化が出ないばかりか、大変なことばかりが続きます。
やがて「この努力、結果が出ないんじゃないか?」「意味ないんじゃないか?」という迷いが出てくる。
そんな迷いを打ち消しながら、何とかがんばる。
それでも結果が出ないと、更に意欲がなくなってくる。
結局その努力の先に何があるかをみることなく、その努力をやめてしまいます。
そんな経験ってないでしょうか?

ここで「成長曲線」というものを知っておくと、努力を続ける意味が持てます。
成長曲線は、初めは上昇しないんです。
上昇しないで低空飛行をしばらく続けるんです。
ここで、大抵の人が諦めてしまいます。
でも、そのまま努力を続けていく。
すると、かなりのタイムラグを経て、上昇を描き始めます。

仕事でもスポーツでも、何かの技量を習得するには、成長曲線を経験します。
結果が出るまでコツコツと努力を重ねることで、やがて結果が出せるようになります。
つまり、最初はいくら努力しても結果が出ないのは当たり前。
初めから結果が出ることなど、まずありえない。
あったとしたら、それはまぐれか、たまたま上手くいっただけ。
その結果も長くは続かず、また上手くいかなくなります。
そんなことの繰り返しになるんですね、誰がやっても。
だから私たちは結果が見えない中、コツコツと努力していくしかないということですね。

最後に「成長曲線」に上手に乗る方法をお伝えします。
成長曲線の上昇時期を待てずに努力をやめてしまうのは、結果が出ないのに耐えられないからです。
つまり、別な言い方をすれば「結果にこだわっている」ということです。

物事、結果が出なければ意味が無い。
結果が出なければ、何も無いのと同じだ。

そういう捉え方をどこか無意識に持っているのかもしれません。

よく言われる「100か、0か」という捉え方。
100じゃなきゃ、0(ゼロ)と同じというわけです。
1位になれなければ、努力は報われないという捉え方ですね。

この捉え方があると、努力を続けること自体を単に「苦痛」「嫌な事」「我慢と忍耐」とだけしか思えないんです。

実際、努力には「嫌なことを耐えてがんばる」部分もあります。

でも、努力というのうは一方で、私たちにかけがえのない「経験値」という恩恵をもたらします。

結果を出そうとする努力の過程で、私たちは様々な「上手くいかないこと」を味わいます。
結果が全てだとどこかで捉えていると、この「上手くいかないこと」に耐えられなくなるんです。

でも、結果よりもっと大切なことは、努力の過程で得られる経験値だと捉えてみたら?
努力をすることそのものが目的に変ります。
そして努力することに意味を見出せます。
結果は気にせず、努力することそのものに意味をもたす。
だからこそ、数々の失敗にも意味を見出せます。
そうした試行錯誤に意味を見出せるからこそ、結果が出なくても、コツコツと努力できます。

私もこの事に気づくようになってから、以前より粘り強く物事に取り組めるようになりました。
結果ではなく、そこへの努力そのものが目的。
試行錯誤そのものに意味がある。

こうした価値観(捉え方)のシフトこそ、粘り強さを身につけるカギにもなります。
このような価値観(捉え方)のシフトこそ、自分(の行動)を変える原動力になりますね。

講師プロフィール

お問い合わせ
facebook
pagetop