学ぶ。みがく。変わる。
HOME 講師コラム 人と自分を比べ落ち込むのはもうやめよう
2019.05.20

人と自分を比べ落ち込むのはもうやめよう

鈴木雅幸氏
臨床カウンセラー養成塾 塾長/心理カウンセラー

先日、SNSで、こんな短い投稿をしました。

 
「他人と自分を比較して、嫉妬したり落ち込んだりするのはもうやめよう。
自分の器の大きさを知り、本当にやりたいことを「真剣に」やってみよう。」

 

この投稿がFacebookやツイッターで思わぬ反響を頂きました。

仕事でも、人間関係でも、あらゆる場面で人と自分を比べてしまう。
そういうご相談がとても多いんです。
そして、比べては落ち込み、比べては落ち込み・・・・
そういうことを繰り返してしまうというのです。

カリフォルニア大学の心理学者にソニア・リュボミアスキーという人がいます。
彼女は、このように人と自分を比べることを「社会的比較」と呼んで、こう解説しています。
「社会的比較に注意を向けすぎる人はいつも傷つきやすく、何かに怯え、不安を感じている」
そう、先ずこの「向けすぎる」というところ、ここが問題になってきます。

いつもいつも、人と自分を比べてしまう。
常にそれで自分を責めて、落ち込み、自信を失っていく。
この悪循環にはまることが、問題だといえます。

あなたは、いかがでしょうか?こんなループに陥ったことはありませんか?
これを防ぐには、やっぱり自分の物事の捉え方をしっかりすることが必要です。
他人との比較に頼らない価値観や人生観です。
なぜなら、私たちは自分が無意識にしている捉え方によって、
元気になったり落胆したりしているからです。

仕事でも人の業績や仕事ぶりを見て、自分はダメだと落ち込むことはないでしょうか?
あるいは、なんであの人ばかり上手くいくんだと
嫉妬心から怒りが沸いてくることはないでしょうか?
この心理が強く働いてしまうと、他人の成功や幸福を強く妬むようになります。

例えば、仕事で上手くいっている人が妬まれて、
足を引っ張るようなことを言われたり、されたりする。
こういうことをする人は、嫉妬心のあまり、他人の成功や幸福を喜べないどころか、
許せないという気持ちになってしまうんです。
こういう捉え方こそが、実は不幸なのではないでしょうか?

では、どうすれば、そのようなネガティブループに陥らないように出来るのでしょうか?

 
ここで、先ほどご紹介したソニア・リュボミアスキー氏が、とても良いことを教えてくれます。
 
「最も幸福な人々は他人の成功から喜びを得ることができ、
他人の失敗を目の当たりにしたときは心づかいをする」

つまり、人の成功や幸福を我がことのように喜べ、
逆に人が困っているときは配慮した上で解決に協力する。
こういう価値観、人生観を幸福な人は持っているというのです。
これは非常に示唆に富んだ言葉だと思いませんか?

だったら、話は簡単なんです。
今日からそのようにふるまい、そのように捉え、
そのように生きようとすればいいんです。
例え辛いことがあっても、人の喜びに共感し、
「おめでとう」「努力が報われたね」「心機一転、がんばって」という言葉を贈ろう。
幸福な人に「あなたの生き方は素晴らしい」と、その秘訣を学ぼう。

そういう態度・コミュニケーションを選択し続けることで、
あなたの人間性も変化していきます。

講師プロフィール

お問い合わせ
facebook
pagetop