学ぶ。みがく。変わる。
HOME 講師コラム グローバル時代の「自己紹介」と「つかみ方」
2019.04.22

グローバル時代の「自己紹介」と「つかみ方」

鈴木鋭智氏
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師

たまに「受講者のほとんどが外国人」という研修をご依頼いただきます。

全員中国人、全員韓国人、アジアから中東までごちゃまぜなど
いろいろ経験してきました。

すべて日本語で通します。
日本の企業で働いていれば、日本語の会話はだいたい大丈夫ですからね。

問題は最初の「つかみ」です。

挨拶と自己紹介だけ相手の言語で話して、本題に入ったら日本語(または英語)に切り替える
というすごい先輩講師もいるのですが、
冒頭部分でかなりの流暢さが必要とされるんですよね。

そこで私はどうしているかというと、

名前を書きます。ホワイトボードに。

相手が韓国人ならハングルで。

「スズキエイチです。
日本語で書くと鈴木鋭智。
ハングルで書くと・・・
スはこうでしょ? ズはこう? キはこれでいい?」

この辺ですでに「おーーっ」という感じになります。
「ここからが日本人には難しいんですよ。

エってハングルだと2通りあるでしょ? 区別つかないもん。こっちで大丈夫?
イは一番簡単。だからイ大好き(笑)
チも難しい。こう? あ、もう1本?」

스즈키 에이치

ハングルの「スズキエイチ」が完成!

ワーッと拍手をいただけます(笑)
「ジョウズ!!」なんて褒めてもらえます。

「アンニョンハセヨ」くらいの片言を話すのは簡単ですが、
文字を書くとなるとハードルが高いので
一気に親近感が沸くようです。

これで自己紹介と「つかみ」は終了。
あれこれ話す必要はないですね。

アラビア語で書くこともあります。

سوزوكي

ハングルよりもウケます。

中国語バージョンもあります。
「スズキエイチです。
日本語で書くと鈴木鋭智。
中国語で書くと・・・あっ、同じじゃん!(笑)

リンムー・ジュイチー。

読み方これでいい?」

(引用)鈴木鋭智 Official BLOG より
http://suzukieichi.com/blog/

講師プロフィール

お問い合わせ
facebook
pagetop