学ぶ。みがく。変わる。
HOME 講師コラム 「愛して、学んで、仕事をする」生き方への提案~愛すること。まずは自分をもっと、もっと大切に
2019.03.25

「愛して、学んで、仕事をする」生き方への提案
~愛すること。まずは自分をもっと、もっと大切に

加倉井さおり氏
株式会社 ウェルネスライフサポート研究所 代表取締役
WOMANウェルネスプロジェクト 代表/「幸せなワーキングマザー☆コミュニティ」主宰

「愛して、学んで、仕事をする」在り方、生き方を提唱しています。

なぜ、私がこのテーマにたどり着いたか…

それはこれまで相談や研修・講座を通じて出逢った多くの女性の姿を見てきた中で、この生き方、在り方が、幸せに生きる上でとても大事だと実感したからです。

これまで出逢った悩める女性たちは、キャリアに邁進し、「仕事をする」ことを優先、またそのためにも資格取得や知識やネットワークを手に入れるために「学ぶこと」を優先し、心とからだのバランスを崩して、結局は働くことが困難になるケースが多いことに気づきました。

誰かの期待に応えるために、誰かに認めてもらうために、がむしゃらに仕事をし、学び、自分の本当に心の声やからだの声を聴くことが後回しになってしまう方をたくさん見てきました。

自分という木の根をしっかりはるために必要なのは「自分を愛すること」

自分という存在を木に例えてみると、悩める多くの女性たちは、誰かと比べ自信のなさや焦りから学び、自分の葉や花がこんなに立派ですよと認めてもらいたいことから、学ぶことや仕事をすることに傾きすぎて、心もからだも疲弊してしまっています。

人生の中では、迷ったり、悩んだりしてその木が揺れて倒れそうになる時もあるかもしれませんが、しっかりとした根を張り、太い幹を育てることが、どんなことがあってもブレない、折れない自分軸を作ることになり、自分にとっての幸せな花を咲かせ、人生の喜びの果実を手にできるのです。

そのしっかりとした根をはるために必要な「養分」とは、まずは「自分を愛すること」。
自分の心やからだの声を聴くこと、これは「自分を愛すること」です。
「愛する」という言葉が抵抗のある方は「大切にする」という言葉に置き換えてくださいね。
自分の心とからだの声を聴き、「本当に大切にしたこと」を大切にし、自分自身を愛し、満たせていけると、それは目の前にいる人や周りの人を大切に、愛することに必ず繋がっていくのです。

要チェック!あなたは自分を愛せていますか?

あなたはこんなこと、ありませんか?

・心の中で絶えず自分にダメ出しをしている
・自分に自信がない
・いつも誰かと比べている
・自分の欠点やできてないところに目がつく
・常に何かを心配したり焦っている
・相手にどう思われるかをたえず気にしてる
・人を喜ばせるために自分の欲求を抑えている
・仕事や学ぶことによって空虚感を埋めようとしている

自分を大切にできていないと、自分自身の体調やメンタルに影響を与えるだけでなく、家族や周りの方々へ優しくできない、イライラしてしまうという悪循環になりかねません。
これではいつまでたっても幸せな循環は訪れないのです。

まずは、ありのままの自分を認めること

では、自分を愛するために必要なことってなんでしょうか?
それは、まず、「ありのままの自分」を見つめ、認めることからのスタートです。
強みも弱みもまるごと含めて自分自身。
できていない自分の部分や欠点も、まるごとOKできること、この自己受容、そして自己肯定は生きていく上で最も大事なベースとなります。

是非、自分の良さや強みを書き出してみてください。

私のワークショップでは50個以上強みを出していただいています。
何個でも構いません。
人からほめられたこと、大好きなこと、長所、得意なこと、なんでもOKです。
その書いた紙を、何度も見る、何度も読むことが大切です。
手帳に書いてもいいかと思います。

「こうすべき」より「こうしたい」を大切に

それから、「自分を愛する習慣」を、是非実践してみましょう。
「自分を愛する習慣ベスト10」を決めてみませんか?
自分が幸せと感じたり、ワクワクしたり、嬉しい、楽しい、好きだなぁと感じられる時間を意識して作って過ごす習慣です。
頭で考えるのではなく、「感じる」ことを大切に、頭の声よりお腹の声に耳を傾けましょう。
「こうすべき」「こうしたほうがいいかな」よりも「こうしたい」「こうだといいな」を大切にしてみましょう。
この声は誰が何と言ってもあなたにとって大切な「真実」です。
自分の喜びや幸せをちゃんとわかってその時間を大切にすることこそ、あなたの「養分」になるのです。

例えば、
・先ほどの強み出しリストを毎日読む
・ゆっくり紅茶を飲む
・ネイルサロンに行く
・美容室へいく
・好きな音楽を聴く
・ゆっくりお風呂に入る
・・・など。

ご自分を満たすことに、手を抜かないことです。
誰かに満たしてもらうことを求めるのでなく、自分が自分を満たすこと。
自分を愛せる人だけが、他人を愛することができるのです。
満たされていない状態の時に、人の成功や幸せを心から喜び、心から優しくできるでしょうか。
心も身体も疲弊し、不平不満や嫉妬などのマイナスの感情の中で、本当に喜びに溢れる仕事ができるでしょうか。
本当の意味でよい仕事ができる方は、まず自分を愛し、日々の出来事学び続け、自分も周りも喜びに繋がる仕事ができる人です。

「愛して、学んで、仕事をする」この順番、優先順位こそが、幸せに生きるために、私が提案したいこと。
あなたが満たされて幸せであることが、周りの人、ひいては社会全体の幸せの連鎖、拡大、循環に必ず繋がっていく。
永久不滅のハッピーサイクルは、まず自分を愛することからです。

講師プロフィール

お問い合わせ
facebook
pagetop