学ぶ。みがく。変わる。
HOME 講師コラム 夏川立也のコミュニケーションクイズ-明日が期限の企画書、まったくやる気が出ない。最も有効な対処法は?
2018.07.05

<夏川立也のコミュニケーションクイズ>
明日が期限の企画書、まったくやる気が出ない。最も有効な対処法は?

夏川立也氏
コミュニケーション・プロデューサー

クイズ1:明日が期限の企画書、まったくやる気が出ない。最も有効な対処法は?

1.好きな音楽を聴く
2.趣味に興じて身体を動かす
3.やる気が出なくても机に座る

クイズ2:あまり話したことがない間柄の先輩。キッカケ作りに最も有効な方法は?

1.イエスかノーかで答えられるクローズドクエスチョンを投げ掛ける
2.オープンに意見を聞けるオープンクエスチョンを投げ掛ける
3.あえてイエスを引き出す誘導クエスチョンを投げ掛ける

クイズ3:朝礼で3分間スピーチに指名されて、困らないために最も有効な準備は?

1.ニュースのチェック
2.経験談の掘り起こし
3.早口言葉の練習

(クイズ1)正解:3.やる気が出なくても机に座る

<解説>
人が楽しいと感じながら何かに取り組んでいる時、脳の報酬系という部分が活性化しています。逆に言うとこの部分を活性化させることができれば、モチベーション高く取り組むことができるのです。やりたくないことをやるために報酬系を活性化させるためには、『やりたくないことをやり始める』しかないそうです。やればできる人、追いつめられたらできる派、といった表現が誰もに当てはまることがその証拠です。

(クイズ2)正解:1.イエスかノーかで答えられるクローズドクエスチョンを投げ掛ける

<解説>
話しかける機会を逸したばかりに構築できなかった人間関係は星の数です。その中の誰かが人生の大切な役割を果たしてくれたかもしれません。勇気を持って話しかける、コミュニケーションのキッカケ作りに最もふさわしいのが、誰でも簡単に答えられる、他愛のないクローズドクエスチョンです。「今日は金曜日でしたっけ?」「最近、痩せたんじゃないですか?」といった質問を10個、用意しておきましょう。

(クイズ3)正解:1.ニュースのチェック&2.経験談の掘り起こし

<解説>
3分間スピーチが好きな人はほとんどいません。誰もが起承転結を意識し過ぎたり、良い話をしようと思い過ぎて上手くできず苦手になるのです。『ニュース+経験談→まとめて→ポン』で、起承転結の3分間スピーチは簡単にできます。人は、自分のことのように誰かの経験談に心を動かされるという性質を持っています。こんなニュースがありました。私はこんな経験をしたことがあります。だから・・・。これだけでもう達人です。

講師プロフィール

お問い合わせ
facebook
pagetop