学ぶ。みがく。変わる。
HOME コラム 自分史上最高を目指せ!脱・完璧主義で人生が動き出す
2021.04.19

自分史上最高を目指せ!脱・完璧主義で人生が動き出す

古川武士氏
習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役

完璧主義というと、真面目で、
コツコツやって誠実で、任せて安心、頑張り屋!
というイメージではないでしょうか?

私も完璧主義出身者として、
その光の側面は否定しませんが、負の側面があります。

それは、100点主義になると、
□行動するのにプレッシャーが大きいこと
□新しいやり方や方法を探求しないこと
□大量のタスクが押し寄せたらパンクすること
□まだできていない、まだ足りないと自己嫌悪感が大きくなること です。

心理的にはマイナスの感情をドライブにして
行動する分だけ感情習慣は極度に悪くなります。

もちろん、それによって決められた
手順や仕事量の範囲では質が高く、
間違えが少ないということが実現できますが、
本人にとって人生を変えたいフェーズでは
完璧主義が脱皮に向けた障害になることも多々あります。

100点でなければ、0点という判断になると、
いつも0点の自分を悔やみ、
責めることで、そこから必死に逃れようと行動する。

強烈な恐怖を原動力に、
完璧主義は自分を追い込むわけです。

特に、新しい挑戦を続けるときには、
100点主義は本当に苦しい。

挑戦は、ほぼ失敗することが多い。

しかし、完璧主義は失敗を続けることが難しい。
精神的ダメージが大きいからです。

完璧主義発想の人が、挑戦と失敗の中で
自分を立て直すために私が勧めるのは、
「自分史上最高を目指すこと」です。

どんな体験や失敗の中にも、
必ず成長と成功へのタネが詰まっています。

それに焦点を当てるか、
自己嫌悪、不完全を見るかで感情は変わります。

失敗から立ち上がって、
また頑張ろうという気持ちになるためには、
前回の自分より少しだけ成長している。

実力がついている!!
と小さな、あまりにも小さすぎる成長を見ること。

1%でも成長している自分を感じて、
自分の歴史史上最高になっていることを実感し直すことです。

会社で言えば、過去最高益のようなもので、
自分史上最高の自分を更新している!
と捉え直すのです。

そうすれば、驚くほどに感情は変わります。

講師プロフィール

古川 武士 (ふるかわたけし)

習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役

関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。
約5万人のビジネスパーソンの育成と10,000人以上の個人コンサルティングの経験から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、日本で唯一の習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。オリジナルの習慣化理論・技術を基に、個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援の事業を開始。2016年には中国で6,000名規模の習慣化講演を行い、本格的に海外進出を始める。
著書は現在21冊、95万部を超え、中国・韓国・台湾・ベトナムなど海外でも広く翻訳され読まれている。
テレビ、ラジオなど9年間で180のメディアに登場。NHK全国放送「ごごナマ」、テレビ東京「東京ガルリ」、テレビ朝日「モーニングバード」、TBSテレビ「あさチャン!」、ラジオJ-wave「GOOD NEIGHBORS」、「smile on sunday」、 東京FM中西哲生の「クロノス」など多数出演。日本経済新聞、読売新聞などで大きく取り上げられるとともに、雑誌やWEBメディアなど、毎月2-3本のペースで取材、連載を受けている。

企業向けには会社の仕事の生産性を高める「高密度仕事術」を実施、政府主導で行なわれている「働き方改革」への取り組みとして多くの企業からオファーが絶えない。

主な著書に『なぜ、あなたは変われないのか?』(かんき出版)、『30日で人生を変える「続ける」習慣』『新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣』(ともに日本実業出版社)、『2割に集中して結果を出す習慣術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』(大和書房)などがある。

http://www.syuukanka.com/index.html
残業を継続的に減らす仕事の高密度化習慣研修
生産性の高い会議を運用する「高密度会議術」研修
【講師動画】古川武士氏~生産性を高める会議術
古川武士氏インタビュー記事

お問い合わせ
facebook
pagetop