学ぶ。みがく。変わる。
HOME 講師コラム 衝動的にならず、目的ベースで生活するアナログ習慣
2020.10.19

衝動的にならず、
目的ベースで生活するアナログ習慣

古川武士氏
習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役

私たちの行動は「衝動的」になるがゆえに
時間の使い方がグダグダになることが多い。

デフォルトでスマホに、「yahoo!」を設定していると
どうなるでしょうか?

何気なく開いたポータルサイトに飛び込んでくるヤフー記事の数々。

読んでいるとためになるなら、良い習慣です。

しかし、つい「衝動的」にみてしまって
本来、あれ?何しにスマホ見てたんだっけ?
と目的を見失うことってありませんか?

私たちのオンライン生活とはそんな罠だらけ。(笑)

ネットを悪く言うつもりはありません。
私もこうやって使っているわけですから。。。

しかし、気をつけないと
最近は、LINEでさえも、上にニュースが
表示されるようになって、つい気になって見てしまう。

そうすると、本来LINEだけを見て返信するだけの時間が、
ゴシップ記事に目が持って行かれ、時間が浪費されてしまう。

気をつけておかないとすぐに
「衝動的」判断で、泥沼にはまっていきますよね。

たとえば、アメブロ1つとって見ても
投稿するタブをクリックするまでにどれだけ
ニュース記事とか他人のブログをつい「衝動」で見てしまうか(笑)

寄り道している間に、どんどん本来の目的を見失い、
何をしにきたのかわからなくなる。

私は、こういうオンライン生活だからこそ、
「衝動的」になってしまうものから解放されて
目的軸で生活する習慣が必要だなと思います。

そのポイントを2つご紹介したいと思います。

1つは、「アナログ化!」です。

デジタルか、アナログか?
という議論がありますが、二律背反にする必要はないと思います。

むしろ、アナログの良さは、
目的ベースになりやすいという点にあります。

たとえば、構想やコンテンツを考えるとき、
私は方眼ノートを使います。

3時間どっぷり、深い深い思考を続けるには
デジタルの寄り道は絶対にさけたい。

でもパソコンを見ていると、
誘惑が多すぎて我慢できないことも多々あります。

そこでTHINK ON PAPER(紙の上で考える)
というアナログです。

パソコンは閉じてカバンに入れる。
ノートとペンだけで考える。

とてもとてもシンプルに、
考えることだけに、没頭できます。

アナログの良さですね。

2つめの具体的工夫は、やることの整理。

今日1日のやることリストは
結局、「ポストイット」が私は一番フィットします。

デジタル空間で一元管理!
を夢見ていましたが、結局、「ポストイット」
というアナログツールが一番すっきりします。

これも、可視化して
シンプルに眺めることができると言う点で
アナログ活用をしています。

デジタルツールをうまく使いつつ、
目的志向で過ごすための習慣はたくさんの切り口がありそうですね。

講師プロフィール

お問い合わせ
facebook
pagetop